9bcffff2d2e43d8dbcf0d9662f8ea44a?1406286719
人生を愛せ。愛する人生を生きろ。

日本人と外国人・なんとなく似ているような気がする選手権(最近、動画を観ていて気づいたこと)

2018/07/12 22:04 趣味


 古い人ばかりで申し訳ありませんが、古い人間なのでしょうがありません。一番若いハピエル・バルデムでさえ1969年生まれの49歳。

 さて、左右両人の顔をよく知っていても、似てると感じるかどうかは人によるかも知れません。たぶん何かをポイントにして、似てるか似ていないを決める基準は人によって異なると思いますが、似顔絵を描くつもりで見るとパーツの形や配置のバランスがとても良く似ているんです。

 タレントとしてのキャラクターも若干に似ているような気がします。角度によっては全然似て見えないこともあるので、写真を探すのが難しかった。時代が近い人たちは、ご当人も誰かに指摘されて知っていた可能性があります。


 日本の俳優・中丸忠雄とハビエル・バルデムのこの雰囲気の相似には、40年以上の開きがあるので、気づいたのはつい先日です。中丸忠雄が出演した古い映画の予告動画を観ていて、ハッとしました(1960年の邦画にハビエル・バルデムが出ておる…)。


https://www.youtube.com/watch?v=erRGSx1eQPI

 中丸忠雄は2009年すでに亡くなっていらっしゃるので、一緒に仕事をされていた方や交友のあった方たちも年齢は高いはずですから、果たしてハビエル・バルデムという俳優のこの顔に気づいたかどうか。

 それを考えると1人ほくそ笑むわけですが、この面白さを共有したくて記事にします。ツイートもしましたが、反応はほぼゼロでした。



 水前寺清子さんはとくにファンとかではありませんが、年齢的に子供のころから良く見慣れたお顔です。でもまさかそんな昔に『メリー・ポピンズ(1964)』のジュリー・アンドリュースと比べるわけがありません。

 『メリー・ポピンズ(1964)』を観たのはたぶん10年ほど前に買ったDVDが最初ですし、『サウンド・オブ・ミュージック(1965)』がお気に入り映画になったのもDVDで何度か観てからで、同じくらい最近のことです。

 それで先日観た座頭市の古い映画に水前寺清子さんが出てきました。その映画もちょうど同じ1960年代の作品なわけです。


 上の二人を見比べて、多くの人は似てないと思うでしょう。それは眼のあたりを中心にして比べるからです。鼻と口元だけを見比べてください。そこから顔の輪郭との位置関係やバランスを見てもらえば、かなり類似点が見つかると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=iU2hy0L5lgg

 種明かしをすると二人の顔は横から見ると別人だと思います。たぶん鼻の高さが全然違います。また、顔と体のサイズのバランスも全く異なるので、全身を並べると似てるとは誰も想像しないでしょう。あと頭の高さ(眉毛から上)も違います。

 でも顔のパーツのバランスだけが意外と似ています。



 最後はこの二人です。

 近年にもどこかで再放送されてたようですが、米国の人気TVドラマ『奥さまは魔女』の主人公サマンサのママ・エンドラ役だったアグネス・ムーアヘッドさんが左です。1974年に73歳で亡くなっているので、丁度60代にずっと演じられていたことになります。(ちなみにエンドラが抱いているのは孫のタバサ/サマンサタバサのブランド名はここからとったというトリビアを小耳にはさみました)


 たしか自分が少年時代の時にも彼女が黒柳徹子さんに似ていると思ったような気がしますが、この二人の場合も、最初の中丸忠雄とハビエル・バルデムのように、年齢が離れているので当時はそれほど重ならなかった印象が、最近の年老いた黒柳徹子さんと被ってきているようです(とくにアイラインやアイシャドーを派手にしてる時)。

 今『奥さまは魔女』の再放送を観て、そのことに気づいた30代以下の方がいらっしゃるかも知れません。

https://www.youtube.com/watch?v=0H5kDCEH-2Q&t=3s


 この記事を書くために『奥さまは魔女』の本国版の英語セリフの動画も少し観たのですが、日本も海外のTVドラマも、たんに懐かしさからだけではなく、客観的に観ても半世紀前の方が良くできているような気がしました。

 昔のフィルム撮影と今のビデオ撮影による没入感の違いもありますが、演出や演技もかなり違うと思います。何がどうと上手く説明できないですが、昔のドラマの方が引き込まれます。どうしてだろう…

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください