9bcffff2d2e43d8dbcf0d9662f8ea44a?1406286719
人生を愛せ。愛する人生を生きろ。

フリーソフトPhotoScapeを使う(4)画像編集 フィルター(絵画化)とリサイズ

2019/11/30 07:52 キッチングッズ 趣味 くらし
https://www.vector.co.jp/download/file/winnt/art/fh637993.html




 本記事「フリーソフトPhotoScapeを使う」シリーズは、あくまでも私の作業を見本として提示するだけで、これが全部決まったやり方というわけではありません。機能の使い方や手法は、人によって好みがあると思います。

 ここで書いてあることを参考にして、自分なりのソフト使い方・画像加工の方法を見つけて頂くのが目的です。

 今回は「フィルター」の解説です。 ▼「画像編集」に入ります。


▼「焼きそば」の画像を使います。右下の(+)(-)の虫メガネのマークをクリックすると、画像を拡大縮小して見ることができます。


▼拡大すると右下に画像全体の縮小画面が表示されます。表示される部分を動かして好きな場所を見られます。また右下の小さな「×」を押すと縮小画面を隠すことができます。(+)(-)の虫メガネでさらに拡大または縮小できます。


▼タブを「ホーム」にして、「フィルター」を押すと、様々な効果のリストが展開されます。この中から良く使うものをご紹介します。


▼とくに好んで使う「絵画化」に合わせると、さらにリストが展開。


▼「水彩画」を選択して押します。


▼「水彩画」は、写真が水彩画のような平面的な描写に変化します。「ブラシサイズ」のバーを左右に動かすことで変化の度合いを変えられます。「OK」を押すと変化した状態で確定されます。「キャンセル」で元に戻ります。


▼「水彩画」に一度確定しても、右下の「元に戻す」「やり直す」を押せば変化前後の状態にできます。


▼もう一つ良く使う「オイルペインティング」は、「水彩画」とは若干異なる表現ですが、同様に平面的な画質になるフィルターです。(詳細は省略)


▼「絵画化」の中で良く使うフィルターの最後は「アニメ」です。


▼「アニメ」は、平面的な画質に変化し、疑似的にアニメのような線画が加えられるフィルターです。「ペンの厚さ」「しきい値」のバーで変化の度合いを調整できます。画像サイズを変えることで、効果の影響も変わります。


▼画像サイズは「リサイズ」で変更できます。


▼「リサイズ」の中の「アスペクト比を保持」のチェックを解除すると、数値の右にあるチェーンが外れ、画像の縦横比率を変えられます。幅・高さの数値を個別に入力可能になります。


▼このように画像を変形できます。


 シリーズ「フリーソフトPhotoScapeを使う」は、キッチングッズのカテゴリにまとめています。ブログカテゴリを選べば一覧を確認できます。

 フリーソフトPhotoScapeを使う(5)へつづきます。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください