7f603b72beeb384a223c0069208032c6
一理に達すれば万法に通ず

フリーソフトPhotoScapeを使う(6)画像編集 スクリーンショットで素材を用意する方法

2019/12/11 18:53 キッチングッズ 趣味 くらし
https://www.vector.co.jp/download/file/winnt/art/fh637993.html




 PhotoScapeは上のリンク先から無料でダウンロードできます。

 本記事「フリーソフトPhotoScapeを使う」シリーズは、書かれたことが全部決まったやり方というわけではありません。機能の使い方や手法は、人によって好みがあると思います。

 ここに書かれたことを参考にして、自分なりのソフト使い方・画像加工のやり方を見つけて頂くのが目的です。

 今回のテーマは❝スクリーンショット❞です。

 ❝スクリーンショット❞とはモニターに映っているそのままを画像にすることです。マウスで動かす「カーソル」以外の全てのものが画像として保存されます。❝スクリーンショット❞は、文字情報のコピペ(コピー&ペースト、Copy and Paste)と同様に、PC本体で一時的に記憶されます。

 ❝スクリーンショット❞はPCの機種やキーボードの種類によってやり方が変わりますが、基本的には一番上の横一列にある「Insert/Prt Sc(プリント スクリーン)」のキーと何かのキーを組み合わせます。

 一般的には一番下一列にある「Windows」や「Alt」キーと一緒に押しますが、今使う富士通のノートPCでは「Fn」キーとの組み合わせです。


 [Win]+[Shift]+[S]キーを押す、でも❝スクリーンショット❞できますが、自動的に全画面を記憶してくれないので面倒くさいです。

 [Win]+[Shift]を押しながら[S]を押すと、画面上部にトリミングのアイコンが表示されるので、カーソルで画面をトリミングします。

 トリミングした範囲を保存したことが右下に報告されます。

 全画面を撮るには画面の端から端まで全部をトリミングの範囲に入れなければならないので面倒。この方法はたぶん今後も使わないです。


 ❝スクリーンショット❞ができたら「画像編集」を開きます。

 この何も無いグレーの画面に「ペースト」します。「Ctrl」キーを押しながら「V」キーが「ペースト」です。文字のコピペと同じ操作です。

 たまにキーの押し方などで❝スクリーンショット❞されていないことがあります。その時は、もう一度必要な画面に戻って❝スクリーンショット❞します。


 モニターの全画面の❝スクリーンショット❞を撮り、「画像編集」を開いて「ペースト」しました。このようにして作った画像をトリミングしたり結合させて、素材として使用します。


 クックパッドで行う作業の実例(1)

 私がふだんブログ用に行う作業をやってみます。

 頂いた「つくれぽ」を紹介する時の方法の一つ目は、以下の部分で❝スクリーンショット❞を撮り、部分的にトリミングをします。


「画像編集」を開いて、❝スクリーンショット❞した画像をペーストします。次に機能のタブを「トリミング」に合わせて、画面上の必要な範囲でカーソルを押して引っ張り、トリミング枠を広げます。


 トリミングの範囲は何度でもやり直せます。トリミングが決まったら、確定させるボタンをおしてトリミングします。


 必要があればタブを「ホーム」にして「リサイズ」で大きさを変更してください。そして最後に右下の「保存」を押して画像を保存します。(クックパッドブログに入る画像の幅の最大寸法は650ピクセル・ブログ幅ピッタリに収まるようにするためには650ピクセル以上の大きさにしておきます)

 クックパッドで行う作業の実例(2)

 もう一つの「つくれぽ」を紹介する方法。各「つくれぽ」を開いて大きく見せるやり方です。いつもやるのは横に二つ(二名分)並べる形です。

 紹介したい「つくれぽ」の画像の部分をどこかクリックします。(下の「もっと見る」なら全ての「つくれぽ」が見られます)


「つくれぽ」の画像をクリックすると、1コマだけが拡大されます。


 上で❝スクリーンショット❞を撮り、先ほどのように「画像編集」にペースト、トリミングして画像を保存します。


 同様に別の「つくれぽ」の画像も❝スクリーンショット❞で撮って、同じようにトリミングして画像を保存します。


 機能選択で「結合」にします。今トリミングした二つの画像を探して右欄にドラッグ(クリックしたまま引っ張って移動)して離せば、順番に繋がります。上に見えるサムネを動かして順番を入れ替えることもできます。「下」が縦並び「側」は横並びです。できたら「編集」ボタンを押して「画像編集」に移動。


 必要に応じて「リサイズ」し、「保存」を押します。二つ分の「つくれぽ」なら写真がほど良い大きさで、コメントの文字も普通に読めます。(ただし、これはPC画面で見ていることが前提の話です)


 多少説明は端折りましたが、実際にソフトを触りながらこの記事のシリーズを最初から見ていれば分かるような部分は、何度も繰り返し書きません。今後、新たに書く記事では、さらに細かい操作の説明や応用編になって行きます。

 本当にこのソフトを使いたいと考える人には、たぶん(1)~(6)までに書いてきた内容だけで十分なのではないかと思います。


 まだこのソフトをダウンロードして使ってみたという人の声は聴きませんが、もしも実際に入手して不明なことがあったら「ごはん日記」のコメント欄で質問頂いて構いません。ただし前にも書いたように、基本的には「画像編集」「結合」しか使っていませんので、他の機能については分かりかねます。

 それでも、どうしても他の機能が使いたくて、自分で色々やってみたけれど分からない・困った、という時はご相談ください。ヒントくらいは出せるかも知れません。

 シリーズ「フリーソフトPhotoScapeを使う」は、キッチングッズのカテゴリにまとめています。ブログカテゴリを選べば一覧を確認できます。

 フリーソフトPhotoScapeを使う(7)へつづく予定です。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください