7f603b72beeb384a223c0069208032c6
一理に達すれば万法に通ず

フリーソフトPhotoScapeを使う(7)画像編集 ツール/コピースタンプの面白い使い方

2020/02/06 00:00 キッチングッズ 趣味 くらし
https://www.vector.co.jp/download/file/winnt/art/fh637993.html




 PhotoScapeは上のリンク先から無料でダウンロードできます。

 本記事「フリーソフトPhotoScapeを使う」シリーズは、書かれたことが全部決まったやり方というわけではありません。機能の使い方や手法は、人によって好みがあると思います。ここに書かれたことを参考にして、自分なりのソフトの使い方・画像加工のやり方を見つけて頂くのが目的です。


 PhotoScapeには「キリヌキ(切り抜き)」の機能がありません。

「キリヌキ」とは印刷用語ですが、写真から背景を外して物だけを切り抜く(抜き出す)ことを言います。「キリヌキ」とは、人物であったり物であったりしますが、背景を外した画像はすべて「キリヌキ」です。

 高額なAdobe Photoshopという画像編集ソフトには当たり前のようにある「キリヌキ」機能ですが、無料のPhotoScapeにはそれがありません。


 もう少し具体的に書くと、人または物を背景から切り抜いて、他の背景と合成するために「キリヌキ」という作業をします。

 今回はその「キリヌキ」作業を疑似的に行う方法を解説します。

 ツールの中にある「コピースタンプ」という機能

 同じ画像の中の一部を別の場所に複製することができます。

 タブをツールに合わせて「コピースタンプ」を選択します。4種類あるブラシのサイズのどれかを選びます。①でコピー(複製)したい部分の任意の点をクリックし、②で任意の点を複製したい場所をクリック。クリックした状態で動かすとコピーされた画像が描けます。

 この「コピースタンプ」と「結合」の機能を組み合わせれば、「キリヌキ+合成」に近いことが可能です。ただし、多少の勘とセンスが必要です。

 ある画像の中に別の画像のキリヌキを合成したい時には、その二つの画像を「結合」させて、1枚の画像にしてから「コピースタンプ」を使います。

 ただし「コピースタンプ」はサイズ変更ができませんから、先に合成したい画像を好みの大きさにしてから、背景となる画像と「結合」させます。


 それでは実際にやってみます。

 ネットの画像検索で惑星ダゴバのヨーダの家を探しました。そのサイズ感に近いようにヨーダ人形を3つ「結合」させたものを、ヨーダの家の画像とさらに「結合」させて1枚の画像にします。


 画像の「結合」の方法については以下の(3)をご覧ください。

https://yokogy.cookpad-blog.jp/articles/465588

「ツール」の「コピースタンプ」で「ブラシサイズ」を選択します。一番最初の解説画像のように、2か所クリックしてコピーして行きます。

 しかしこの場合、絵柄が小さくて良く見えないので、画面を拡大して描いていくことにしましょう。「コピースタンプ」を解除しない限り、画面を自由に拡大縮小して続きを描くことができます。(「コピースタンプ」中に右クリックを押すとコピーが解除されます)

 一度マウスのクリックを離して、拡大縮小してからまた途中の場所からクリックして続けられます。記憶されているコピーの位置は変わりません。

 また拡大中は右下の「縮小画面」の中で、画面の位置を動かせます。


 ここまでの解説と上の画像からお分かり頂けるはずですが、コピーしたい物や人物の縁取りを上手くなぞることができれば「キリヌキ」を合成するのと同じ効果を得られます。

 だから、多少の勘とテクニック、そしてセンス(絵心)が必要になります。

 さらに全部コピーが終わったら、コピーした画像の縁取りに背景も入ってしまったところを修正し、人物に影を描き込めば完成です。縁取りの修正には、コピーしてきた場所の背景をコピーして塗りつぶします。

 人物の足元に、ペイント機能で影を描きました。

 もっとリアルを追求することも可能ですが、今回の解説はあくまで「コピースタンプ」を使った疑似的な「キリヌキ」の合成を説明することなので、次に進みます。ペイント機能もここでは説明しません。

 絵を描くソフトを使った経験のある人なら、それほど迷わないはずです。

「トリミング」で不要になった右側を削除します。


 できた画像を保存します。

 最初にヨーダ人形の画像のライティングを調整して、この暗い背景画像にもっと馴染ませることも可能です。また、ヨーダのサイズは分かりやすいように少し大きめにコピーしました。リアルには右に見えるR2D2と同じ背丈なので、この7割程度の大きさかと思います。


 ちょっと手間のかかる説明だったので、今回は大分間が開いてしまいました。これでもできる限りシンプルに分かりやすく書いたつもりです。

 この❝遊び❞を何かのヒントにして貰えれば幸いです。


 シリーズ「フリーソフトPhotoScapeを使う」は、キッチングッズのカテゴリにまとめています。ブログカテゴリを選べば一覧を確認できます。

 フリーソフトPhotoScapeを使う(8)へつづく予定です。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください