9bcffff2d2e43d8dbcf0d9662f8ea44a?1406286719
人生を愛せ。愛する人生を生きろ。

コロニーレーザー by B_C_M、定番カレーライスに醤油をかける❤簡単基本 by きつねどんべい

2021/09/23 00:27 朝ごはん 昼ごはん 晩ごはん 趣味 くらし

 久しぶりにルウでカレーを作りました。半年くらいは作っていなかった気がします。仕事で体調を損ない、徐々にヤル気が失せています。何をして良いか分からない時は、やりたいことだけをする。食べたい物だけ食べる。やりたくないことはしない。自由な自分に許されているのはそういうことです。

 しばらくこのキッチンとブログは活発な活動はできないと思います。ご了承ください。


 そろそろ秋の気配という時期になぜか冷やし中華が何度も食べたくなる。というか、冷やし中華はとくに暑いから食べたくなるというわけではないようです。夏だから温かい物を食べないということもありません。真夏に熱々のカレーうどんが食べたくなったりするんですよね、不思議と。


 キハダマグロの漬けは長く漬けたので色が濃くなっています。またわさびをたっぷり混ぜてから載せたので美味しそうな色味ではないですが、美味しくできてます。以下の「ごま昆布のちらし寿し」は、あくまでも「ごま昆布+酢飯」でお好きな「ちらし寿し」を作れば良いのです。出来上がりの見本は全て参考です。「ごま昆布+酢飯」以外はお好きな具材と盛り付けでどうぞ。


 1枚約170円のシマホッケ3枚入り。3日間1枚ずつ食べました。じつはこの3枚入りは1週間後にもまた買って来て食べています。ホッケが好きです。


 いつもつくれぽ有難うございます。


https://www.youtube.com/watch?v=0TDLJ7YJOnA
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200116/mcb2001160500010-n1.htm

 ウズベキスタンはトルコ系らしいので、料理も期待を裏切らない気がします。このピラフに載っているのは羊肉です。黄色とオレンジ色の大量の人参、豆?にレーズン?あと玉葱らしきものが入っていたような気がします。

 香辛料が効いているらしいから、たぶん日本のピラフとは大分異なる味でしょう。作っている絵面だけでお腹が空いてくる動画でした。

 ピラフ(トルコ語: pilav、フランス語: pilaf)は、炒めた米を様々な具とともに出汁や香辛料を加えて炊いた料理(即ち、炊き込みご飯の類であり、焼き飯の類ではない)。主にトルコ料理が有名であるが、インドから中近東を経て、南欧ギリシャにまで幅広く見られる米料理である。ウズベキスタンのマフムド(K.Mahmudov)の研究によれば、ピラフの語源はPALOV OŠで、Pはパヨズ(ネギ)、Aはアヨズ(ニンジン)、Lはラフム(肉)、Oはオリオ(脂)、Vはウェト(塩)、Oはオブ(水)、Sはシャルィ(米)を表すという。(Wikipediaより)

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください