9bcffff2d2e43d8dbcf0d9662f8ea44a?1406286719
人生を愛せ。愛する人生を生きろ。

Fallout 4 - PS4

2021/11/12 16:11 趣味 くらし
https://www.youtube.com/watch?v=-fLvGmmijBs&list=PL4fd59i0eA3UMnLPoMQ3BDN8ZETBjRy9n&index=1

※Fallout=フォールアウトは「放射性降下物」を意味します。

※このゲームは【CEROレーティング「Z」18歳以上のみ対象】


 ドラクエやFF(ファイナルファンタジー)など日本製のRPG(ロールプレイングゲーム)を好んで遊ぶ人たちには馴染みの薄い、いかにも洋ゲーな世界観。

 第二次世界大戦で日本に原爆を落としたアメリカ合衆国の国民は、潜在意識的に「核戦争」という恐怖を抱くようになって、1950年代には小説や映画に核戦争後の世界が何度も描かれました。TVゲーム『フォールアウト』シリーズはその当時想像されていたような未来観を背景にしたSFアクションRPGです。

 もしかするとファンタジーRPG『スカイリム(エルダー・スクロールシリーズ)』の方が有名かも知れませんが、同じ会社ベセスダの作ったSFの世界観によるロールプレイングゲーム。スカイリム同様プレイキャラクターは男女を選択でき、常にFPS(一人称視点)とTPS(三人称視点)を切り替えられます。

 自由度の高いロールプレイングゲームですが、基本的にはメインストーリーがあり、そのストーリーを追いつつ様々な寄り道をして、自分のキャラクターを成長させて行きます。

 世紀末救世主伝説・北斗の拳?マッドマックス?

 核戦争によって文明の崩壊した世界をサバイバルするので、似ていると言えば似ていますが、『フォールアウト』にはモヒカン頭のレイダー達だけでなく、様々なモンスターが登場します。これはドラクエやFFと同じことです。

 前作では最大の恐怖の対象だった怪獣デスクローは今作にも登場しています。ゲーム直後に出会うと瞬殺されます。ホラーゲームとはまた違った恐さを味わえるキャラクターですが、もっと凄い化け物が沢山出てきます。

 リアルとは少し異なる表現のビジュアルとは言え、臨場感と迫真の演出は大の大人でもビビります(自分はもう慣れっ子ですが…)。

 もう一つ有名なのが巨大サソリ、ラッドスコルピオン。

 水辺に必ずと言って良いほど現れるマイアラークは、放射能によって巨大化した水生の虫。ゲーム中で動くと気持ちが悪い上に恐ろしい。硬い甲羅は攻撃がほぼ効かず、顔を狙って撃てば簡単に倒せます。

 狂暴なクマとか野犬のような動物も出没しますが、虫が苦手な人はこのゲーム無理かも知れません。慣れていても突然現れるとゾッとします。

 さらに、超人ハルクがネタ元と思われる緑の怪物スーパーミュータント、放射能によってゾンビのようになった人間フェラル・グール、レイダーと呼ばれる野盗の集団など。レイダーは映画マッドマックスや北斗の拳に出て来る野蛮な連中のことですが、このゲームでは、自分が悪に徹することにより(盗みや殺人)レイダー側と交流(悪人プレイ)することも可能です。

 ただし、ゲーム中で悪人評価されると普通の街に入れなくなったり、一般人と交流不能になるので、制約が増えてプレイ難易度は上がります。アイテムはほとんど拾ったり盗んだりできる為、買い物ができなくてもなんとかなりますが、よほど目的や理由がないと悪人プレイは楽しくないです。

 乗り物を運転するゲームは主観、人間ドラマは客観的に楽しむ。

 ドラマ性のあるゲームは映画のように客観的な視点で楽しみたいから、FPS(一人称視点)よりもTPS(三人称視点)を好みます。一歩引いた目線でプレイしたいと言いましょうか…これはバイオハザードのようなホラーゲームをやるようになってからかも知れません。客観視して遊べば、恐さは半減します。

 それで男女を選択できるゲームの場合、ほとんど女性を使うようになりました。このデフォルトのキャラクターからカスタマイズできるのも洋ゲーのシステムの素晴らしいところです。さすがに自由自在に作り換えることはできませんが、前作よりずっと自分好みに変身させられるようになりました。

 こんな風に別人に整形できます。カスタマイズの自由度が高いということは絵心も多少必要になるので、難しいと思う人にはデフォルト以外にも沢山顔は用意されています。

 キャラクターは、赤ん坊のいる夫(男)と妻(女)のどちらかを選んで始めます。そこに核戦争が起こったというニュースが流れ、核シェルター「VAULT」へ逃げ込み冷凍睡眠について以降が本編です。

 女には女の武器がある。

 このゲームは基本がシューティング(射撃)ですが、殴ったり叩いたりする戦い方も可能です。キャラクターを地道に鍛え上げれば、ずっと素手で戦い続けることも不可能ではないと思いますが、離れた敵と戦うことも多いのでシューティングを封印して遊ぶのはかなりストレスが溜まりそうです。

 それでも北斗の拳みたいなことをやりたい人は銃なしで遊びます。打撃系の武器も豊富に用意されています。

 状況に応じて上の3種の武器を持ち換えて使っていますが、この世界には見た目と性能の異なる雑多な武器が無数に存在しており、やりたい人にはカスタマイズも可能です。とりあえず使いまわしの楽な高性能の拳銃、破壊力と機動性を兼ね備えたコンバットライフル、スコープを使った長距離射撃用のスナイパーライフル。手榴弾(フラググレネード)や火炎瓶のような投擲武器、地雷も慣れれば簡単に設置して使えます。

 冷凍睡眠中に夫を殺され子供を奪われた主婦は、息子を探して廃墟と荒野を旅して行きます。そこには想像を絶する未知の世界が待っているのでした。

 服として着用する装備以外に、パワーアーマーと呼ばれる強化スーツが用意されており、これに入ると防御力や攻撃力が格段にアップします。カスタマイズによって空も飛べるようになるらしいですが…

 この世界観の中では敵ばかりでなく、様々な人物や街の人々との交流とドラマがあり、戦ってばかりいるわけではないです。廃墟から新たな町おこしをするのもプレイヤーの役目になっていて、無理にやる必要はないですが、市民たちの生活拠点を作る地道な作業が現実の時間を奪います(笑)。

 自由度が高すぎて何をして良いのか分からないという人は、1本道のRPGに慣れ切っているからです。そういう人はとりあえずストーリーの繋がりをずっと追い続ければ問題ありません。

 ただし一応ロールプレイングゲームだから、レベルを高くしないとエンディングを観るのは難しいわけですが、メインストーリーだけ追いかけるとそんなにレベルは上げられないから、寄り道が必要になるとも言えます。でも日本の古典的なRPGとは違い、異常に強いラスボスが出て来ることはありません。あくまでもお話に沿った最後の戦いがあるだけです。

 メインストーリーは意外とあっさり終わりますが、物語が終わってもゲーム自体はそのまま続けられるから、寄り道の方を後から遊ぶことも可能。

 人造人間は主に敵方の兵士ですが、マッドサイエンティストたちの集団インスティチュートに捨てられた人造人間や、人間性に目覚めて逃亡した人造人間などもいます。彼は人造人間ですが、正義感あふれる探偵ニック。


 このまま数ヵ月プレイし続ける予定。PS4本体は26000円でも中古ソフトは1500円程度、他のソフトも遊べるとすればコスパの良い趣味です。

http://blog-imgs-86-origin.fc2.com/f/a/l/fallout4/fallout4_locations_map01.jpg

 クリックすると拡大表示。これが全てオープンワールドになっています。初めて経験すると、とてつもなく広大に感じられます。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください